1. リファレンスチェックのASHIATO
  2. お役立ち情報
  3. 人事担当者の78.3%が面接による人材の見極めは困難と回答 ASHIATO(アシアト)調べ「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」

人事担当者の78.3%が面接による人材の見極めは困難と回答 ASHIATO(アシアト)調べ「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」

お知らせ公開日
人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するリファレンスチェックサービス「ASHIATO(アシアト)」(https://ashiatohr.com/)は、人事部に所属する全国のビジネスパーソン400名を対象に、「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」を実施いたしました。


調査結果のダウンロードはこちら

ASHIATO調べ「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」結果概要


結果概要①
・人事担当者の78.3%が面接での人材の見極めは困難と回答
・採用ミスマッチの原因、最多回答は「面接で相互理解できていない(36.3%)

結果概要②
・人事担当者のリファレンスチェックの認知度は50.0%
・リファレンスチェックを実施していない理由、最多回答は「手間、時間がかかる(46.0%)

結果概要③
・リファレンスチェック活用最多は「管理職候補」職種別TOP3は、「営業系」「管理部門系」「IT・WEBエンジニア
・リファレンスチェック実施候補者の年収、最多回答は「400万円~600万円未満
・リファレンスチェックで重要視する項目TOP3は、「人間性」「勤務態度」「コミュニケーション能力

結果概要④
・リファレンスチェックを実施している理由TOP3は、「採用精度の向上」「最終面接前の見極め」「職歴・経歴の確認
・人事担当者の75.5%がリファレンスチェックの実施により、採用ミスマッチの減少を実感


Q1. あなたは、面接にて自社で活躍する人材を見極めることは難しいと思いますか?
(n=400・単一回答方式)


人事担当者の78.3%が面接での人材の見極めは困難と回答
 人事部に所属する全国のビジネスパーソン400名(リファレンスチェック導入企業:200名、リファレンスチェック未導入企業:200名)を対象に、自社の採用面接時に、活躍する人材を見極めることは難しいと思うか質問したところ、78.3%が「難しいと思う」(難しいと思う:33.8%、どちらかというと難しいと思う:44.5%)と回答しました。


Q2. あなたの会社で採用におけるミスマッチが起こる原因を教えてください。
(n=400・複数回答方式)


採用ミスマッチの原因、最多回答は「面接で相互理解できていない(36.3%)
 自身が勤務している会社で採用におけるミスマッチが起こる原因について質問したところ、最多回答は「面接で相互理解できていない(36.3%)」、次に「面接で定性的な判断をしているから(28.8%)」、「入社後のフォロー不足(27.8%)」と続きました。また、その他として「縁故採用」や「面接官の目線不等一」などの意見が見受けられました。


Q3. あなたは、「リファレンスチェック」を知っています? 
(n=200・単一回答方式)


人事担当者のリファレンスチェックの認知度は50.0%
 次に、リファレンスチェック未導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックを知っているか質問したところ、50.0%が「知っている」と回答しました。


Q4. あなたの会社が「リファレンスチェック」を実施していない理由を教えてください。
(n=100・複数回答方式)


リファレンスチェックを実施していない理由、最多回答は「手間、時間がかかる(46.0%)
 リファレンスチェック未導入企業で、リファレンスチェックを知っていると回答した100名を対象に、リファレンスチェックを実施していない理由について質問しところ、最多回答は「手間、時間がかかる(46.0%)」、次に「費用的な問題(37.0%)」、「回答に信憑性が無い(32.0%)」と続きました。


Q5. あなたの会社で、「リファレンスチェック」を活用している職種を教えてください。
(n=200・複数回答方式)


リファレンスチェック活用最多は「管理職候補」職種別TOP3は、「営業系」「管理部門系」「IT・WEBエンジニア
 次に、リファレンスチェック導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックを活用している職種について質問したところ、最多回答は「管理職候補(46.0%)」でした。
 職種別では「営業系職種(44.5%)」、「管理部門系職種(42.0%)」、「IT・WEBエンジニア(34.5%)」と続きました。


Q6. あなたの会社で、「リファレンスチェック」を活用している採用候補者の年収を教えてください。
(n=200・複数回答方式)


リファレンスチェック実施候補者の年収、最多回答は「400万円~600万円未満
 リファレンスチェック導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックを活用している採用候補者の年収を伺ったところ、最多回答は「400万円~600万円未満(50.5%)」、次に「600万円~1,000万円未満(38.5%)」、「400万円未満(28.5%)」と続きました。


Q7. あなたが「リファレンスチェック」のレポート結果で重要視するポイントを教えてください。
(n=200・複数回答方式)


リファレンスチェックで重要視する項目TOP3は、「人間性」「勤務態度」「コミュニケーション能力
 リファレンスチェック導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックのレポート結果で重要視するポイントを質問したところ、最多回答は「人間性(58.5%)」、次に「勤務態度(49.0%)」、「コミュニケーション能力(49.0%)」が並びました。


Q8. あなたの会社が「リファレンスチェック」を実施している理由を教えてください。
(n=200・複数回答方式)


リファレンスチェックを実施している理由TOP3は、「採用精度の向上」「最終面接前の見極め」「職歴・経歴の確認
 リファレンスチェック導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックを実施している理由を質問したところ、最多回答は「採用精度の向上(57.5%)」、次に「最終面接前の見極め(49.0%)」、「職歴・経歴の確認(48.0%)」と続きました。


Q9. あなたの会社では「リファレンスチェック」を実施することにより、採用におけるミスマッチ減少を実感できましたか?
(n=200・単一回答方式)


人事担当者の75.5%がリファレンスチェックの実施により、採用ミスマッチの減少を実感
 最後に、リファレンスチェック導入企業の人事担当者200名を対象に、リファレンスチェックの実施により、採用におけるミスマッチ減少を実感できたか質問したところ、75.5%が「実感している」(実感している:30.0%、どちらかというと実感している:45.5%)と回答しました。


調査結果概要


調査対象 人事部に所属する全国のビジネスパーソン男女
①リファレンスチェック導入企業:200名
②リファレンスチェック未導入企業:200名
有効回答数 400名
調査期間 2022年3月23日~2022年3月31日
調査方法 インターネットリサーチ

※本リリースによる調査結果をご利用いただく際は、「ASHIATO(アシアト)調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。


「リファレンスチェックに関する意識・実態調査」解説(担当:小野山)

 働き方が多様化し、転職をすることが一般化しつつある近年、「リファレンスチェック」に注目が集まっています。リファレンスチェックとは、経歴照会や身元照会と訳され、採用活動の過程で、候補者の前職での働きぶりや人柄について、候補者とこれまで一緒に仕事をしてきた第三者(前職の上司・同僚など)に問い合わせることです。海外では既に一般的な採用プロセスとなっています。日本でも、外資系企業では以前から実施されることが多く、この流れが国内企業にも広がっています。

 今回の調査では、リファレンスチェック実施企業、未実施企業の人事担当者を対象に、採用についての課題やリファレンスチェックの認知度、実際にリファレンスチェックを実施している企業の状況についてお伺いいたしました。
 まず注目すべき点として、人事担当者の約8割が面接での人材の見極めは困難と回答しています。そんな中、リファレンスチェックの認知度は50%(未実施企業200名)と、まだHR業界で浸透できていないように感じます。また、実施していない理由としては、手間や時間がかかることについて不安を感じているようです。一方で、実施企業の声を聴いてみると、リファレンスチェックの実施理由には「採用精度の向上」があげられ、面接・履歴書では分からない情報が分かることから、新たな採用方法としてリファレンスチェックを取入れている企業が多いようです。効果についても、75%以上が採用ミスマッチの減少を実感していると回答しています。

 最近ではコロナ禍において、表情や目線、感情が読み取りづらいオンラインでの採用選考が増えたという背景もあり、国内の企業でもリファレンスチェックを実施する企業が増えているようです。会社の採用精度を向上させる新たな採用方法として、リファレンスチェックを検討してみてはいかがでしょうか。


「活躍の足跡」を可視化するリファレンスレポートサービス『ASHIATO(アシアト)』


ASHIATO(アシアト)は、エン・ジャパンによる新しいリファレンスチェックサービス。
候補者の現職や前職の上司・同僚によるレビューを集め、過去の活躍ぶりを可視化します。ネガティブチェック的な要素が強かった従来の「リファレンスチェック」とは異なり、採用上のネックだけでなく「活躍のためのヒント」まで可視化できるのが特徴。企業にフィットする人材の採用から活躍まで支援するオンライン完結型のサービスです。


調査結果のダウンロードはこちら
https://prnavi.jp/wp-content/uploads/2022/05/4e93d32b4e1839f054c35b12388ab182.pdf